トップページ

    このサイトではベンツCクラスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツCクラスの買取相場を調査して高く買い取ってくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページに掲載しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ベンツCクラスを高額買取してもらうために大切なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。
    1社のみとか家の近くにあるメルセデスベンツの正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ベンツCクラス(Mercedes-Benz)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感が違います。

    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社までベンツCクラスの買取査定が可能です。
    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。

    当然ですが、全国対応で利用は無料。「できるだけ高く売りたいからベンツCクラスの買取相場をチェックしたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っているベンツCクラスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。
    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、高級車のベンツCクラスを高く売れる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。

    ベンツCクラスの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのベンツCクラスの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。

    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗ったベンツCクラスでも高価買取の可能性が高くなります。
    約10社の業者がベンツCクラスの買取査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたが大切にしてきたベンツCクラスを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携企業は約200社以上、複数の業者が高級車のベンツCクラスを査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間大切にしてきたベンツCクラスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、ドイツ車のベンツCクラスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですので、ドイツ車のベンツCクラスを売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツCクラスを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車に限らず、インターネットでは自分が売りたいと思っている車の査定をいっぺんに複数の企業に依頼可能な、幾つもの車一括査定サイトがあります。

    見積もりを出してもらったら必ず売却すべきという決まりはありませんし、多くの店を自分で回る必要性がないのが良いですね。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、買取業者とメールで連絡可能なサイトを選ぶとこのような事は回避可能です。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、積極的に買取を行っていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    たいていの場合、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会、通称JAAIに中古車の査定を申し込まなければなりません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定してもらうには料金が必要です。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    けれども実際にはそんなことより、時間を問わず出来るだけたくさんの業者に査定させる方が良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、査定の金額も高くなるからです。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、マイナス評価が入ることもあります。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    このように改造車は減点評価されがちですので、車はノーマル状態に戻し、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

    タイヤの状態は中古車の査定時にはあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、雪国などでもない限り業者は通常のタイヤにつけかえてから市場に出すというプロセスが加わります。

    結局、その手数料として引かれた額が買取額となります。

    増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少ないですから、安値をつける業者もいれば高値の業者もいるなど相場が確立しておらず、言われるがままに売って大損するケースも外車にはよくあることです。

    最初から外車専門業者に的を絞ったほうが、専門を謳うだけあって販売の目処も立ちやすく、不当な安値をつけられる心配というのがありません。

    けれども輸入車であれば何でもいいわけではなく、実際にはベンツ専門店もあれば、英国車専門店もあります。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、業者を絞り込んでいくことが肝心です。

    車のローンを完済する前でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されていることが条件です。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、ローンを返し終わるまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、楽な方はディーラーです。

    中古車の売却と新規で購入することが同時にできてしまうので、手間がかからないのが良いでしょう。

    それとは反対に、所有する自動車をちょっとでも高く査定してもらいたいのであれば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。

    何社かの査定士と価格交渉することで、なるべく高く買い取りしてもらえる可能性が高まるのです。