トップページ

    このサイトではベンツCクラスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツCクラスの買取相場を調査して高く買い取ってくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページに掲載しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ベンツCクラスを高額買取してもらうために大切なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。
    1社のみとか家の近くにあるメルセデスベンツの正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ベンツCクラス(Mercedes-Benz)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感が違います。

    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社までベンツCクラスの買取査定が可能です。
    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。

    当然ですが、全国対応で利用は無料。「できるだけ高く売りたいからベンツCクラスの買取相場をチェックしたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っているベンツCクラスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。
    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、高級車のベンツCクラスを高く売れる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。

    ベンツCクラスの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのベンツCクラスの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。

    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗ったベンツCクラスでも高価買取の可能性が高くなります。
    約10社の業者がベンツCクラスの買取査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたが大切にしてきたベンツCクラスを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携企業は約200社以上、複数の業者が高級車のベンツCクラスを査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間大切にしてきたベンツCクラスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、ドイツ車のベンツCクラスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですので、ドイツ車のベンツCクラスを売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツCクラスを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    5万kmを越えた車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万kmより多い車は過走行車という名称で呼ばれ、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は車の見積もりの際に大々的に減額される元凶となります。

    しかしながら、修理歴のある車が全部修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても修理歴車とは呼ばないのです。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、高く車を売却するコツです。

    いっぺんに沢山の業者に見積もりに来てもらって、査定額を競争させるというのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、特に気にすることはないでしょう。

    それから、実際の契約に際しては売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時にけして疎かにしてはいけない点があります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど契約金額に関する文章は注意しなければいけないのは言うまでもありません。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でサインしてください。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのは戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、移ったほうが断然トクということになります。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比較できるというのはありがたいです。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、ウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で知ることができます。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    勤務中にかかってくるのも困りものですし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を準備しなければいけません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれる場所が違うのです。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    自分で自動車を持っていると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうか充分に検討してみれば、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    ただ、所有者が故人のときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、売るのは簡単なことではありません。